ツイン道ー統合への記録ー

私にとっての幸せとは何か?豊かさとは何か?スピリットの意志を生き、本来の自分に還る『道』の探求。

008-ツインレイと思った理由③

 

前回までの話を要約すると

 ツインくさい相手に怪しいメールをし、

 ガンと壁を立てられたと思ったら

数ヶ月後に相手から連絡が来て、

個人的に連絡を取り合うようになりました。

 

***

 

相方は、何を考えているんだかさっぱりわからない人でした。

 

いつも

意味不明で不思議な事を言う。

 

私は、

一回彼にバリア張れている経験が後を引いてて下手な事は言えなくて

 

最初の頃はさぐりさぐり相手に接していました。

 

  

でも、

個人的な連絡をとりはじめた1ヶ月後ぐらいには、

 (彼)「なんか、自分の中に自分じゃない鼓動みたいなのがあるんだよ。」

 (私)「あぁ、うん。私もー。。。」

 って、おかしな会話が普通に成り立つようになっていたりもして

 

 一回zoomで繋がった時は、通話切ったあと向こうのパソコン壊れちゃった事があり、

それを、「私と繋がったせいだ」とか普通の事のように言っていたし

 

 

こんな奇妙なやり取りをしていていると

 やっぱり自分達ツインじゃないかと思ってしまう。

 

 お互いに同じような事思ってるんじゃないかなって感じるようになる。

 

 でもその一方、

 

彼は事あるごとに、

「恋愛に絡めてくるのやめて」的な、失礼な事を言ってきました。

 

 

そういう話してないのに

(嫌だろうと思うからむしろネタとしては避けてんのに)

 

なんかいっつも私が先回りで振られるみたいな展開。

 

腹立つ。

 

 むしろそっちがすっごい恋愛を意識してるんだろうが(怒)と思いましたが

 

あながち間違えてもいないので、その的確なガードの張り方、大変不愉快でした。

 

 

私達は、

内的な距離感がだいぶハイペースで近づいていたと思います。

 

 

 個人的に連絡を取るようになって2ヶ月ぐらい経つと

彼は

 「これ以上ペースが上がるのが怖い。直接会うのは避けたい。もっとゆっくり関係性を築きたい。」

 と言い出すようになり

 

 私には、その危機感の意味が全然わからなかった。

 

ただ、

彼に 自分自身をすごく否定されたような気持ちになってしまい、

彼の言動の端々で、毎度毎度、思いっきり傷ついていました。

 

 

彼は「どうしてわかってくれないの??」って困ってて

 

 どうにも歯車が噛み合わない。

 

 

そこからは、なんだかよくわかんない展開で

 

お互い嫌いでもなければ、

 

縁切りたいとか思ってないのに

 

 流れは止まらず

 

 

 絶縁する勢いで分離期突入

 

ははは。( ̄∀ ̄)

 

 

 ーシロクマの活動ー

ふんわりウイング北極熊のアトリエ

クリスタルワークなど変容のためのヒーリングセッション

ヒーリングペンダントの制作、無料内観練習など。

 

ふんわりウイングアメブロ『シロクマの庵』

ガイドのくれるサインを拾って、地に足の着くスピリチュアルについて考え好き勝手書いてるもう一つのブログ。