ツイン道ー統合への記録ー

私にとっての幸せとは何か?豊かさとは何か?スピリットの意志を生き、本来の自分に還る『道』の探求。

014-ツインレイ*お触り禁止

相方を見ていると、私は

「どう考えても、キミは私の事が大好きですよね?」

って感じがするのですが

 

彼は、

物理的に距離が近づくと適切な距離(安全と感じる距離)まで逃げていく傾向があります。

 

 

「左手だけは絶対触らないで。

ていうか、できれば左側に立たないで。」

 

分離期に入る前、なぜか、私にはこのような禁止事項が相方から出されていました。

 

 私には意味が分からないが、彼にとって左側は急所らしい。 

 

この謎の『御触書』を出されたとき、私は、相方の複雑な胸中など知らず、面白半分に相方を触ろうとし、

 思いっきり振り払われて ビックリしすぎて大泣きしました。

 

 

40を過ぎた男女のやりとりですよ。

笑(子供かっ)

 

でも、これは私の中にあったインナーチャイルドの古傷と観念を大きく揺さぶった出来事で、必要なやりとりだったんだろうなと思います。

 

痛かったけどね。

 

 

 この件からずっと、私は意識的に彼の左を避けるようになって

 

左を気にする事は痛みの記憶に繋がり、彼に接する際の苦痛にもなって、結構最後まで私の課題になりました。

 

 

今はというと、

もう私の中では、右とか左とかどうでもいい感じになっています。

 

それは向こうの問題なのであって、

『彼が私を左に置きたくない事』に関しては、私が自分を傷つけたり貶めたりする必要なんかなかった。

(ただし、向こうの話を真剣に聞かずに面白がって触りに行ったのは私が悪い。それは反省。)

 

 

私も内観をすると『左右』が何かを知らせるサインになっている事が多いので、彼にとっては『左』には何か理由があったのだろうと思いますが、

このトラブルに関して浮き彫りになった私のテーマと彼のテーマは違うものだったのかもしれません。

 

「私自身に関しては、」

それを理解するために、こんなやり取りをする必要があったって認識しています。

 

 ーシロクマの活動ー

ふんわりウイング北極熊のアトリエ

クリスタルワークなど変容のためのヒーリングセッション

ヒーリングペンダントの制作、無料内観練習など。

 

ふんわりウイングアメブロ『シロクマの庵』

ガイドのくれるサインを拾って、地に足の着くスピリチュアルについて考え好き勝手書いてるもう一つのブログ。