ツイン道ー統合への記録ー

私にとっての幸せとは何か?豊かさとは何か?スピリットの意志を生き、本来の自分に還る『道』の探求。

072-マイワールド全開にツイン解析

なんかわかったーー!

 

 

えーと、私の見え方(世界観)なんですが

 

私には、おとなのあなたが『木』にみえて

 

おとなのわたしが『地球意識』で

 

私は、ずーっと地球意識(母性)で、木(彼)を見てる。

 

 

そして、うちの娘を通して、マイガイドがその視点の修正をしてくる。

 

 

それはたぶん、男性性(木)と女性性(大地)の関係性としては自然な気がするんだけど

 

もっとこっちの視点になれよ。って言われてる感じ。

 

 

昨日みた双子のきのこ

f:id:N-1111:20201121140105j:plain

 

私的には、『きのこ=インナーチャイルド』と見立てます。

 

 

双子の木の子ね。

 

木から見たら、大地がオカン的心地よさなんだけど

「きのこ」にとっては、木が親。

 

ロジック遊びが好きだから、こういう謎解きなんかい?笑

 

 

つまり、木というのは『大人の男性性』なんだが、、、

 

2月の時点では、うちの相方は

「自分の中が子供ばっかりで、大人がいなくなっちゃった」って言ってたんだよね。

( ̄∀ ̄)

 

 

あっちは、内側が『きのこ』ばっかりになってた。

 

変な言い方。笑

 

うん、でも、

この捉え方だと私の感覚どハマりな感じ。

 

 

つまり、こう↓

f:id:N-1111:20201121140237j:plain

 

昨日受けた『宇宙情報を見るセッション』で、自分の内宇宙の『北極星』にチャネルしてもらったら、この星に分離している私の最奥の意識みたいな子がいた。

 

私の内宇宙にいたのは『真っ白のワンピースを着た少女』だったけど、今、私これを書いていて『星の王子様』の絵が脳内に浮かんでいる。

 

 

つまり、この子達(少女と王子様)が「双子きのこちゃん」ってことか。

 

 

その女の子はね、

「迎えにくるのをずーっと待ってるけど、一生動けなくてもいいんじゃない?私は別に何も困ってないから。好きなだけ時間かけたらいいじゃない。」

「他の誰かが来てもムダで、私は『自分』が迎えに来るまでここにいる。」

「どれだけ時間がかかってもいい。でも、いつか必ず迎えに来て。」

って言ってた。

 

 

 

私、神社や公園に生えてる大きい木にくっついてるの好きなんだよねぇ。

なんか、癒されるっていうか、、、

 

神社に行くっていうか、

木に逢いに行くんだよなぁ、、、たしかに。

 

 

ちなみに、神社って場のエネルギーが子宮なんだって。

 

鳥居ー参道ーお宮参り。

 

つまり、その中は生まれてくる前の宇宙的場所。

地球にいながら宇宙を感じやすい場所ってなんかの情報で最近読んで、妙に納得。

 

魂的には行きたいはず(すごく呼ばれてる感じ)なのに、自分の意識は強烈な怖さを感じるとか、

 

神聖な場所にエゴをもちこみたくない(パワースポット的にご利益目当てな人とか好きくない)とか

 

安易に踏み込めない。

許可を頂けないと入れない感覚がある。というのは、

やっぱり私にとってそこは大切な場所だし、最大級に敬意を払うからだろうなぁ。

 

お仕事の報告用とか、記録用とかで、気になるものは基本写真に納めるんだけど、

自分的に写真とっちゃダメな場所とか時とかあるもんね、、、。

 

 

パズルのピースがすごい勢いでハマるんで、 話が脱線してるけど

 

私は、木に繋がると地球と繋がれる感覚がある

 

 

んーーー

やっぱり繋がりたいのは、結局のところ地球(大地)って事なんだけど。

 

木の子は木が大地なんだよね。

 

 

今日の独り言は読者さん向けじゃないなーっておもいつつ(笑)

 

でも、

 

何かがわかりかけてくるかんじがする。

 

 

今、これ書きながらね

 

彼に木を投影しているのか

木に彼を投影しているのか

 

みたいな事言ってる人が内側にいるんだよね。

 

左脳大騒ぎ。笑

 

そんなのどっちでもいいんだよ。

そういう事いつまでもぐだぐだ言ってるから、ずーっと自分と分離してんだよ。

 

マイワールドをそのまま受け入れろって。

 

 

 ーシロクマの活動ー

ふんわりウイング北極熊のアトリエ

クリスタルワークなど変容のためのヒーリングセッション、ヒーリングペンダントの制作

 

ふんわりウイングアメブロ『シロクマの庵』

ガイドのくれるサインを拾って、地に足の着くスピリチュアルについて考え好き勝手書いてるもう一つのブログ。